人気ブログランキング |

虫捕りのこと

小3の夏、親戚にもらった100匹の鈴虫を全滅させてしまった過去がある。ハンコ屋を営む親戚がとてもマメな人で、店舗兼自宅の地下室で毎年毎年鈴虫のブリーダーのようなことをやっていた。「どうや、いっぺん飼うてみるか?」と言われて、そんなに飼いたくもなかったが「うん」と言ってしまった。どうやら人の好意を踏みにじることが出来ない性格はこの頃にもう完成していたらしい。家に持ち帰って、キュウリやナスなどを何の考えも無く次々投入し、気付いたら全滅していた。その年の年末、「鈴虫どうや?」と親戚に聞かれたぼくは、「全部死んでしもた」と答えた。「うん、そうか」と言った親戚の悲しそうな顔がいまでも忘れられない。小学生が夏に飼う昆虫No.1のカブトムシだって、毎年すぐに死なせてしまっていた。8月31日と言われて思い出すのは、大量に残された宿題の山とカラカラになったカブトムシの遺骸なのである。これら一連の出来事によって、自分には犬畜生以下の動体について全く関心がないことに気付いた。

ただ、虫捕りは楽しかった。数年前ボケて死んでしまった祖父がまだ健在だった頃、よく裏山に連れて行ってもらった。朝も昼も夕方も。時には早起きして深夜に出かけたりもした。「カブトムシかて、クワガタかて、ぜんぶクヌギの木におるんや」と言う祖父の後ろを着いていく。玉虫をつかまえた時もあった。テンションのあがる祖父を前に、マリオカートの最終ステージみたいな色をした虫だとコメントするには気が引けて、「おじいちゃん、きれいやな」と言うのが精一杯だった。ボキャブラリー教育は大切だと感じる。

祖父はとにかく孫が可愛いらしく、ぼくが行きたいと言えば快く山へ連れて行ってくれた。ただ、虫ならなんでも捕まえてしまうところだけがぼくの唯一の不満だった。ある日、クヌギの木に群がるカブトムシを見つけた祖父。もう夜だったので、懐中電灯を照らしながらの探索だった。クヌギの木には蜜を目当てにいろんな虫が集まる。一番危険なのはスズメバチだ。祖父は虫捕り網を駆使してスズメバチを捕らえ、地面に叩きつけた後、執拗に踏んづける。「刺されたら、かなわん」。スズメバチも同じようなことを思っていたのではないか。年金受給者は恐ろしいぞと。スズメバチの断末魔を見届けたら、ついにカブトムシの捕獲である。祖父はどんどん虫かごへ入れていく。根こそぎである。カミキリムシもいたが、祖父はおかまいなしだ。帰宅して戦果の確認をする。カブトムシ、クワガタ、カナブン、カミキリムシ。他に見慣れないやつがいた。やたらすばしっこい黒い物体。祖父は「カブトムシのメス」と言い張って聞かないが、ぼくは湧き出る違和感を隠し切れなかった。

祖父の大便は長い。長年の痔わずらいのため、二時間はかかるのである。祖父の最晩年、入院先の看護師さんに「おじいちゃん、完全に脱肛ですね」と言われるほど重篤だった。脱出した肛門と大便とのせめぎ合い。恐ろしいほどの長丁場に納得である。そのため、トイレには扇風機、電気ヒーターを完備しているし、雑誌や新聞なども豊富だ。ぼくはこの長いトイレの間に、例のすばしっこい奴の正体を確かめようと考えた。図鑑を引っ張り出してきて、ページをひたすらめくっていた。すばしっこい奴は、捕獲から数時間経つというのに、いまだ活発に動いている。正体は、ヤマトゴキブリだった。ぼくは迷わず裏山へ走って、そいつを捨てた。次の日の昼、祖父は番茶を沸かして、大好物のメロンパンをほお張っていた。祖父の体面もあるだろうからと、昨夜のことは何も言わずにいた。孫としてこの選択は間違っていなかったと今でも思っている。

金曜の夜、買い置きのカップラーメンを食べてテレビを見ていた。ベランダの様子がおかしい。網戸の向こうから怪音である。ジリジリジリ、パサ。ジリジリ、パサ。これはどうやら、羽を持った何者かがじたばたしている。飛んで落ちてを繰り返しているようだ。こんなのは、あまりにも無味乾燥じゃないか。虫の音はもっと風流なものだと思っていたのに。後期高齢者が蚊取り線香の置かれた縁側に座り、月の夜空を見上げながらぼんやりするようなシーン。シンセサイザー的なピロピロ音ではない、生のサウンドがエモーショナルに語りかける。Jimmy eat worldも真っ青なジャパニーズバグズの世界観があったはずだ。ところが、この得体の知れない羽音である。奴かもしれない。ゴキブリの恩返しなど聞いたこともない。確認するのも億劫であるし、正体が判明したところで出来ることなどないんだ。ぼくはそっと部屋の明かりを消して、「向かいの公園に飛んでいけ!飛んでいけ!」と心から念じた。




# by ahoi1999 | 2014-06-02 01:51 | 思い出 | Comments(0)

挨拶運動家

「今日のわんこ」のメロディで毎朝起きている。テレビのオンタイマーを6時にセットして、携帯のアラームも6時。目覚まし時計も6時。起きるのは7時50分。空白の110分、何が起きているのだろう。一度お祓いにでも行った方がいいのではないかと自分でも思う。ある日突然フジテレビが崩壊して「今日のわんこ」が無くなったりしたら、ぼくはどうやって起きれば良いのだろう。今のうちにあのメロディを録音しておかなくてはならない。

アマタツー!の声を後にして会社まで歩いていく。徒歩通勤はサラリーマンにとって夢のようなシステムだ。本社総務課と一ヶ月に亘る攻防の末、ようやく勝ち取ることができたぼくだけのベネフィット。今年のぼくはきっと上げ潮だろう。そんなことを毎日考えながら歩く。毎朝出会う若ババア風のOLにも自然と親しみが湧いてくるから不思議だ。ぼくが毎朝ファッションチェックしていることを彼女は知らないだろうし知って欲しくない。バレたら絶対に変態扱いされるのだから。ぼくは変態ではない。新進気鋭の若手社員だ。できる、おれは必ずやれる、やり通せる。まるで麻原の説法テープのように脳内連呼しながら早足で歩いていく。本当に脳の病院へ行きたい。社会保険があってよかった。

小学校のあるカドに差し掛かると、毎朝決まって奴が居る。メッシュのキャップを深々と被り、これまたメッシュのベストを着用。手には軍手のようなものを着用している。十字路の横断歩道に陣取る全身オレンジ色のおっさん。「オッザイマー!!!イマーッス!!ハッタッチネッシャース!!!テラッシャー!!!」これはどう考えてもあぶないじゃないか。最初は少し頭がおかしい人なのかもしれないと考え、露骨に避けていた。奇声を発している。足らないのではないか。そんなことを思った。

来る日も来る日もオレンジ色のおっさんは居た。数回の遭遇で感覚がマヒしてきたのだろう。だんだん恐怖から興味へ変わっていく感情を抑え切れなくなった。友情から愛情へ、初恋にも似た心のうつろいを感じながら、昆虫観察の要領でゆっくり近付いていく。もちろんいつ声をかけられても無視できるように、しっかりとiphone5sを片手に握り締めて。これはぼくなりの配慮なのだ。あっ、すみません、スマホに夢中で…というスタンスならオレンジのおっさんも傷つかないと考えたから。どんどん目前に迫るオレンジ色に、ぼくはWWⅡのエースパイロットたちを思い浮かべていた。ドイツ空軍のハルトマンは死角をついて至近距離まで敵機に近づき、一撃で仕留めたという。ぼくも今日からヒゲの伍長にお仕えしようじゃないか。

「アッ!!オッザイマー!!」やばい。何言ってるか全然分からない。奴はぼくのことを見つめている。状況的にこれはきっと、「あっ、おはようございます」か。合ってるのか?完全に不意を突かれた。「ヨロケレァ、ハッタッチネシャース!!」聞こえないふりをしようとスマホに目を落とした瞬間、これだ。先手を打たれている。状況を確認しなければと顔をあげると、10メートルくらい向こうから両手を振り上げて「ハッタッチネッシャス!?」と走ってくる。もうだめだ。通勤途中だから労災は下りるのか、などとぼんやり考えてしまう。人間、危機に陥るとどうでも良いことを考えてしまうという噂は本当らしい。

どうやら彼は、「ハイタッチ」を求めているらしかった。全く意味が分からない。こんな朝から、何故素性も分からない全身オレンジの中年とハイタッチしないといけないのか。そう思うと、ぼくは急速に冷めてしまった。素早くスマホを操作し、Yahooエンタメニュースに目を通した。オレンジは小さな声で「ッテラッシャ!!」と言っていた。

その後、何日か遠巻きに観察してみた。冷めたと言いながら、なんだかんだ気になってしまうのだ。勝手に恋して、勝手に冷めたのかもしれない。どうやら、あの中年オレンジはこの近辺で有名な人らしい。いわゆる挨拶運動家ということ。スーパーハイテンションで挨拶をして、ハイタッチをする。きっとオレンジは思っているのだろう。俺の挨拶で皆朝から気持ちがよくなるし、小学生の通学路だから事件事故防止にもなる。近隣住民との絆も生まれる。全員ハッピー!そんなところだろう。

ぼくは真っ向からこれに反対を表明する。全身オレンジ中年から毎朝わけのわからない奇声を浴びせられ、ハイタッチを強要される。こんなクソなことはない。ひとりよがりなオレンジ中年の路上公開オナニーじゃないか。『ひょっとするとあの方のほうがずっと性の悪い利益さえ欲しがっているかもしれませんよ』とひねくれジジイ最高金賞のニーチェが言っているが、その通りだろう。善意を売りにしている日本全国のみなさんは、その裏側をよく隠蔽して頂きたい。

今朝、いつものようにオレンジマンを無視して歩いていたら、善良そうなパパがママチャリの後ろに幼稚園児を乗せて向こうから来た。すれ違いざまにパパはこう言った。「今日はアイサツオジサンいるかなぁ~?」






# by ahoi1999 | 2014-05-31 00:18 | 通勤 | Comments(0)

転勤族

何の因果か、大阪でサラリーマンをしている。転勤を繰り返してここにたどり着いた。勤め人の悲哀である。指折り数えてみると、入社6年で5回目の引越しをしている。どう考えても尋常のものではない。人事課はぼくを引越しの達人に仕立てようとしていることは理解できるんだけれども、一体それがどういう利益を会社にもたらすかは今一度よく考えたほうが良いだろう。いずれダンボールに書類を詰めるだけの梱包課みたいな部署が出来るのだとか、転居届けはオレに任せろ!という風なことになるとか、転居回数ランキングによる人事考課を行うとか、壮大な計画があるのならすぐに教えて欲しいと常々思っている。


今回はサラリーマン人生最初の引越しについて書こう。就職してすぐに兵庫の山奥に連れて行かれた。スーツ姿の新入社員がぞろぞろ暗い顔で行進していく。ここにファクトリーがあるんです、と引率の人事部長は言った。笑顔ながら目は笑っていない。この人、アドルフ・アイヒマンみたいなやつだなと思った。半年この山奥で働いてもらうこと、住むのは麓のレオパレスであること、街へ行けばジャスコがあるから買い物はそこで、などとアイヒマンは説明する。この人は話の途中、時折鼻を触る。ベラベラベラ、プイーン、ベラベラ、プイーン、みたいな感じだ。お分かり頂けたかな。プイーンは鼻を触ったときの効果音です。気になってよく見てみるとプイーン、ヒョイ!ヒョイ!ぐらいの頻度で人差し指と親指でOサインを作っている。ヒョイはOサインの効果音です。どうやらヒョイのタイミングで瞬間的に鼻毛を抜こうとしているようだ。これに気付いた時、本当に気分が悪くなった。同族嫌悪でしょうか。これはぼくもよくやるから。

そうこうしていると休憩を知らせるサイレンが鳴り、ファクトリーの連中がファクトリー内部からぞろぞろ出てくる。全身白装束に身を包んだ彼らを見て「パナウェーブやん」と呟いた。誰も反応してくれないことに腹を立てながらもファクトリーのみなさんに会釈した。


ぼくの同期は全部で5人いたので、3ヶ所のマンションに分かれて住むことになった。住居としてあてがわれたウイークリーマンションは、軽量鉄骨にボール紙を張り合わせたような華奢な建物で、噂に寸分たがわず隣室の話し声が聞こえるほど劣悪な環境にあった。右隣に同期が、左隣には毎週金曜日にひとり焼肉をしている30代のサラリーマンが住んでいた。ぼくはこの部屋で「ババ抜き負けたらおちょこ一杯の日本酒イッキ飲み」というゲームに興じたあげく3連敗して、灰色のゲロを吐くという醜態をさらした。敷いてあったカーペットが灰色だったことは幸運だったとしか言い様が無い。翌日起きると玄関の郵便ポストがボコボコに壊されていた。左隣の金曜日ひとり焼肉を妨害した罪なのだと直感した。


それからと言うもの、当時付き合っていた彼女を部屋に呼んだときは淫語をあえて多用してセックスしたし、毎夜左隣の壁に向かって柔らかい枕を投げ続けることもした。対抗して3日連続肉を焼いたこともあった。もちろん玄関の扉はサンダルをはさむなどして少し開けておいた。結果、左隣は1ヶ月後空室になった。ウィークリーマンションなのだから当たり前なのかもしれないが、陰湿さの勝利ということにしている。そんなぼくにもD-DAYは突然やってくる。この山奥でいちばんの有力者である宮崎勤似のファクトリーリーダーから応接室に招かれた。「えーっとね、ンンー、君はねー、ンンー、アッ!東京支店に配属なんだって!」。白髪の宮崎勤は少しどもりながら新天地の方を指差した。


東京。はじめての東京。憧れの街。シティボーイ。その週末、SHIPS京都店でおのぼり用の服を買うぼくの顔は自信に満ち溢れていたはずだ。




# by ahoi1999 | 2014-05-30 01:37 | 生活 | Comments(0)

カテゴリ

全体
家族
通勤
生活
思い出
妄想劇
未分類

以前の記事

2019年 05月
2018年 12月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

手汗がひどいので手の甲だ..
by ahoi1999 at 17:59
たしかに。語感大事です。..
by ゆ at 19:35
その通りです。ご名答です..
by ahoi1999 at 15:22
あほいさんの由来はクラム..
by ゆ at 19:49
それはどうも、ありがとう..
by ahoi1999 at 02:27
あなたにあこがれてブログ..
by ゆ at 00:25
なるほど? 読み物とし..
by よ at 10:08
ありがとうございます。社..
by ahoi1999 at 21:17
なんかもう、なんかすてき..
by よ at 23:00

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

春はすぐに終わる
at 2019-05-21 00:45
足首出す子とアイ・コス美
at 2018-12-22 23:37
息子とテルコ
at 2018-04-11 01:12
思い出をしがむということ(C..
at 2018-01-24 01:13
2017年の音楽(に、まつわ..
at 2018-01-05 00:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
家族生活

画像一覧