<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

核心の話、あるいは気持ちについて

核心を突くのであれば、文字通り単刀直入に訊くことがいちばんの方法である。しかしながら、世の中には色々な核心の突きかたがあって、その手法は千差万別そのものだ。つまり「単刀直入」という言葉がわざわざ出来てしまうほどに、多岐に亘るものなのである。


例えば、目の前にナッツの盛り合わせがあったとしよう。そしてピスタチオを手に取る。これを食す際には、殻の割れ目に沿って手で割る人がほとんどだろうが、おもむろに口へ放り込んだかと思うとうまい具合に歯でかち割る人もいるし、まったく割れなくて隣にあるピーナッツを食べてしまう人だっている。これは、食べられる部分、つまり核心への突きかたには複数の手法があることを示しているし、それと同時に、結果として「突けない」という事態も考えられることを示している。


一方、これがピスタチオではなく枝豆だったらどうだろう。茹でた枝豆へのアプローチは背側から中身を押し出すか、腹側から押し出すかの2パターン考えられる。しかし、枝豆の場合、ごくまれに中身が入っていない場合がある。ふくらみはあるけど中身がないものとか、そういうものが該当する。居酒屋でしたたか酔っ払った時にこういう枝豆が出てくると、枝豆の分際でなめてんのかと思う。話を整理しよう。核心の突きかたには色々ある。けれども、突けないこともあるし、そもそも核心などなかった、ということもある。つまり、「核心」を言い換えた、いわゆる「本当のところ」というものは、とても扱いづらく、水モノだということが分かる。これが人の気持ちであればなおさら水モノ感が出てくるだろう。


気持ちは本来的にひとりの人間が持つ一貫したものなのだが、その性質は、鴨長明が言うところの『ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず』というものだと思う。要するに、核心を突くタイミングによって、本当のところはあったりなかったりする。


ぼくはこのへんの間合いの取り方がとても下手くそである。「単刀直入」は、歳を重ねるごとに、出来なくなっている。なんのことはない、タマネギなのである。タマネギの皮をむいて、ひたすらむいて、最後にはなんにもなくなっている。最終的にはバラバラのタマネギが目の前に、ただある。包丁で叩き割ればよいものを、じっくり皮をむくことに集中して、ふたを開ければ中身がない。ああだこうだとズハズバものを言う人には感心できないけれども、少しうらやましいと思う。


核心にはタイムリミットがある。より正確に言うと、「自分が欲しかった核心」を得るためには、「突きどき」みたいなものがある。ぼくは他人の内面にどかどか入っていけるほど気が大きくないけれども、少しはそういう図々しさもないと「本当のところ」は流れ流れてどこかへ行ってしまう。確かなことは、1秒前の気持ちを意識して思い出せないほど、ぼくらの生活には刺激が多すぎるということだ。




[PR]
by ahoi1999 | 2015-12-31 01:36 | 生活 | Comments(0)

友達申請

中学を卒業して以来まったく会ったことも話したこともない同級生から、フェイスブックに友達申請がきた。岸野さん(仮名)という人で、ナナフシのような女である。さらに言えば、当時友達だった記憶はまったくない。身長170cmくらいで、体重はおそらく50kgを切っていただろう。ガリガリである。寡黙で、友達もあまりいなくて、たまに口を開けば肘を体に押し当てながら右手を頬に添えて、小首をかしげながら話すような人だった。顔立ちはきれいな方だったと思うのだが、ふだんの表情の固さとか、たまに笑えば笑い方が分からないような笑い方をするもんだから、人気があったとは言い難いだろう。少なくとも、岸野さん(仮名)が良いとか好きだとか、そういうことを公言する人間はいなかったと記憶している。


しかし、それでも、彼女には付き合っている男がいた。彼氏はクリボーのような男である。身長160cmなかったのではないか。彼はまた、出っ歯でもあった。あまりスムーズに話すことができない、ドモリがちな男であった。この男、私よりチンチクリンなのだから、推して知るべしである。風の噂によれば、高校3年だか大学入ってからだかで破局したそうだが、それまでの数年間、ナナフシのような女とクリボーのような男のロマンスが存在していた。たぶん、あの二人だから、それなりに清い交際であったということだろう。ちなみに、クリボーはその後、(こういうタイプの男にありがちな「出来上がりかた」なのだが)新車のランエボを乗り回して結構痛いイチビリと化していたようだ。実際私も運転しているところを目撃したことがあるのだが、運転席に座る彼と必要以上にアクセルをふかしながら走り去るランエボを見てその滑稽さのあまり思わず爆笑してしまった。岸野さん(仮名)はそういうところが嫌になったのかもしれない。


ところで、あらためて友達申請者である岸野さん(仮名)のフェイスブックページにある写真を見てみると、どういうことだか当時よりも痩せていて、なんとも心配になる。現在は個人でアロマセラピストをしながら、アルバイトをかけ持ちしているとのことである。さらに読み進めてみると、そこにはとてもスピりがちな文言が散りばめられていて、私はアッとなる。愛読書の紹介がある。「平凡な毎日がみるみる輝きだす本」「夢をかなえる365日の言葉」「こころの霧が晴れる言葉」など。自己啓発本によって岸野さん(仮名)の毎日が明るくなるのはとても良いことだとは思うが、私はますます、関わりたくないと感じた。決してこれは岸野さん(仮名)を否定することではなくて、単に私と彼女は肌が合わないというだけのことである。肌が合わないもの同士が無理やり合わせることもないだろう。懐かしんでなのかなんなのか、私にはよく分からないけれども、とにかく、岸野さん(仮名)には悪いが友達申請はなかったことにしておいた。


しかしながら、人間いろいろとあるものだなと思う。友達でもなんでもなかった私に、15年も前の忘れかけていた思い出を掘り返して、興味を持ってくれと言えるくらいの人間に、彼女はなっているのである。当時の彼女を知るものにとっては考えられないことだ。自己啓発本を読んで毎日がキラキラしているんだろうとは思うけれども、私は全くキラキラなどしていないのだし、日常に対するテンション感が違うのだなと感じる。彼女は身長も高いし、顔立ちもきれいめなのだから、ややもすれば我々世代の「強め」の女にありがちな、つばのバカでかい奇怪なデザインの帽子をかぶり、ノースリーブの服を着て、クラッチバッグを右手に持っていてもおかしくはないのである。見るからにアホそうな女に成り下がっているよりも、精神世界へ傾倒して毎日に感謝しているほうが、同じキラキラ系でも良いのではないだろうかと思った。なんにでも前向きになれと言う人間には着いて行かれないが(お前のテンションに他人を巻き込むなと思う)、岸野さん(仮名)のように自己啓発という手段は別として、当時から考えられないほどそれなりの社会性を獲得していることに、15年という歳月は単純に時間の経過であるという以上のものを彼女に与えていたのだなと思った。私はとても、親戚のおっさんのような気持ちになる。


生きる意味、という言葉がある。食えない言葉である。ある人は大事そうにこれを持ち出して持論を展開する。自己実現という言葉が紐ついてくるのが特徴だ。本来的に、生命活動は自らが生きることと子孫を遺すことが目的である。つまり、生きる意味とは寝て食って子作りをすることである。しかし人間にはこれ以上の意味を持たせたがる人がいる。というより、現代の人間は、「これ以上のものを持たざるを得ない」状況にある。とにかく、犬の小便のように、至るところに「ここにいます」と旗を立てたがる。今書いているこのブログも、そういう位置づけにある。人はひとりで生きていくのは困難な生き物だから、みな他人に興味を持ってもらいたいその一心で活動をする。興味を持ってもらえたかどうかは、これに反応した人間の量もしくはその質によって判断される。つまり人間は、自分に興味を持ってくれた他者によって自分を認識する。現代はその行為自体が、とても容易く達成できる。生きる意味を見い出すには十分なほど様々なツールが揃っている。岸野さん(仮名)がどういう思いで700点以上の写真と文章でもって少なくない他者に対して自らの日常を訴えているのかは分からないけれども、人にものを言えないくらい控えめすぎたあの頃より、とても人間的な人間になったと思う。ただあまりに意味ばかり追うていては、他者は辟易するばかりだし、剥き出しの「生」はとてもアクが強い。『人生《ライフ》、々々《ライフ》というが、人生《ライフ》た一体何だ。一個の想念《ノーション》じゃないか。』(二葉亭四迷 「私は懐疑派だ」1908年)というところまで言えれば、みんな良いのだけれど。



[PR]
by ahoi1999 | 2015-12-24 04:50 | 生活 | Comments(0)

スキンじじい

今日の、数時間前のことである。新大阪駅。私は出張帰りだった。新幹線を降りると、ホームにはスキンヘッドのガラの悪そうなおっさんがいた。年のころは50代くらいである。こういうタイプに近寄ると本当にろくでもないことが起こるのが常で、普段であれば絶対目を合わせず完全に無い物としてスルーするのであるが、その時は興味もあり(おっさん頭ツルツルすぎるやろ!という興味)、かなり遠巻きながら観察していた。新幹線から降りてきたので、当然次は改札を出るために階段を下りていくことになるのだが、おっさんの挙動はかなり怪しい。他になんにもとりえのない、無駄に背の高い奴がのっそのっそと歩くような、そういう動作で階段を下りている。えっさほいさのリズムである。完全に第一次産業従事者の挙動である。すると『あああ~っ!』という情けない声とともに、そのスキンじじいは階段を踏み外して腰から崩れ落ちてしまった。スキンヘッドでガラが悪いにもかかわらず、『あああ~っ!』である。人間とは興味深いものだ。元来が気の弱い人なのだろうか。思わず、周囲の人たちは『大丈夫ですか!』と声をかける。みんな疲れているのにやさしいのである。これに対してスキンじじいは『そない飲んでへんのになぁ~』と言った。『そない飲んでへんのになぁ~』。違うだろう。まずはすみません大丈夫です、ありがとうございますと答えるのが正常な人間である。これ自体が、スキンじじいがスキンじじいである所以を自ら示したようなものだ。つまり、「私はいい歳こいて人様の気遣いに対しお礼の一つも出来ない著しく社会性または規範意識を欠いた人間であります」という表明である。とにかく、スキンじじいは『そない飲んでへん』ということなのである。『そない飲んでへん』のに、階段を踏み外してコケて疲れ切った人様にご迷惑をおかけしておるのです。しかしながら、ここまでの一連の流れから考えると、スキンじじいの(あんまり「スキンじじい」と言いすぎるとまるで「コンドームおばけ」のように聞こえるが)、「『そない飲んでへん』のに、階段を踏み外すということ」に、人間真理のかけらがあるようには思わないだろうか。「改札を出るという目的の為に階段を下りるという手段を使わなければならないのに新幹線で飲み過ぎる」ということを、我々の生活のいろいろに置き換えれば、これはもう相似形である。もはやスキンじじいを笑ってはいられないのだ。私は学生の時、「単位を取るという目的の為に徹夜でレポートを作らなければならないのに、エロ動画を見続けて夜が明けてしまった」ということがあった。出席なし、レポート一発で単位をくれるという優良コマであったのに、当然未完のレポートでは話にならず単位は落とした。また最近では、「月曜の朝イチに商談をするという目的の為に朝早く出社をして提案書を作らなければならないのに、日曜深夜のスティーブンセガール劇場を見てしまう」ということもしでかした。こういう時のセガールは本当に詰まらないにもかかわらずだ。というかセガール自体おもしろくない単なる日本びいきのオールバックというだけなのについつい見てしまう。そして手段を失い、目的も達成できない。なお、言いたいことは分かるがこの例えがさっぱりよく分からない場合は、みなさんそれぞれの生活に当てはめていただきたい。当ブログは読者のケアまで考えておりません。もとい、スキンじじいは私が最も苦手とするタイプのおっさんではあるものの、その一連の行為と言動は先哲の箴言そのものなのである。スキンじじいのようなことを繰り返していると、自然、物事はうまくいかなくなる。イイ線までいくのに、ダメになる。こういうことが続くと、人間が卑屈になる。卑屈になると、さらに物事がうまくいかなくなる。人間は悪い方向に振れるとなかなか戻ってはこられないものだ。最悪の場合、私が大学時代を過ごしたバイト先の先輩のように「大手損保に内定しながらパチンコに通いすぎて単位が取れず中退して工場そしてデキ婚」ということになる。人生にはいろんなトラップがある。スキンじじいはそのことを身を持って証明してくれた。スキンじじいがこれ以上の怪我をしていないことだけが願いである。



[PR]
by ahoi1999 | 2015-12-09 00:36 | 生活 | Comments(0)


内務省御検定済


by ahoi1999

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家族
通勤
生活
思い出
妄想劇
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

手汗がひどいので手の甲だ..
by ahoi1999 at 17:59
たしかに。語感大事です。..
by ゆ at 19:35
その通りです。ご名答です..
by ahoi1999 at 15:22
あほいさんの由来はクラム..
by ゆ at 19:49
それはどうも、ありがとう..
by ahoi1999 at 02:27
あなたにあこがれてブログ..
by ゆ at 00:25
なるほど? 読み物とし..
by よ at 10:08
ありがとうございます。社..
by ahoi1999 at 21:17
なんかもう、なんかすてき..
by よ at 23:00

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

息子とテルコ
at 2018-04-11 01:12
思い出をしがむということ(C..
at 2018-01-24 01:13
2017年の音楽(に、まつわ..
at 2018-01-05 00:47
年の瀬のこと
at 2017-12-27 01:30
今年の夏のこと
at 2017-08-05 04:03

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
家族生活

画像一覧