人気ブログランキング |

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

真実の内股

薄着の季節である。スカートのギャルが増えて、この頃は駅の階段など特に目のやり場に困る。自意識過剰の露出狂女めと内心馬鹿にしつつも、目をやってしまうのだから困る。いや、この場合「目がやってしまう」と言うほど本能的である。実際目がやってしまっているので、「痴漢!」となった時に正々堂々と「違います!」と言える義理もないのが問題だ。本当に困った季節である。暖かい季節は成人男性を悩ませる。ちんちくりんのおっさんである私は巨大化した昨今の女たちとほとんど背丈が同じなので、満員電車などは乗らないほうがいい。仮に「後頭部でスーハースーハーしないで!」と言われても、実際問題身長がほとんど同じであるし満員電車ならなおさら後頭部に私の鼻が位置しても何らおかしくはないのである。私がもし満員電車に乗る機会があれば、それは水中クンバカのごとく息を止める時だと言う風に捉えて欲しい。

気温は全ての人々に等しく薄着の機会を与える。すなわち、私も薄着をするのである。ここでちんちくりんの小デブとして大変な問題が持ち上がった。食う量が増えたことによる、乳房の肥大化がそれだ。私はJACK SPADEというところのナナメがけのカバンを愛用しているのだが、乳房の肥大化が急速に進む中でパイスラが発生してしまった。パイスラ。それは30歳手前のちんちんくりんにはとても酷な話だった。出来るだけ若作りをした髪型に、気を遣った服装。出来るだけおっさんではないさわやかな外観。これを目指しているにもかかわらず、パイスラしていては元も子もないではないか。おっさんのパイスラなんて誰が見たいものか。私は乳首が500円玉くらいの大きさであることを呪う。

ダイエットが必要なのだ。急速に効果を得るダイエットが。私は小学生の頃、60kgの体重があった。中学生になってモテたい一心でこれを51kgとした。モテた。自分で言うのもなんだが、こんなに顔がブサイクなのにモテた。開花した。童貞を喪失した。思春期の私にとって、ダイエットは正義であった。善きことをもたらす彼岸の神であった。あれから15年。体重は67kgまで増えた。激務と心労により、チン毛に白髪が生えた。とどめのパイスラである。私は5月に入ってから夕食を抜いている。昼飯をたくさん食べて晩飯を抜くのである。中学生の頃と全く同じ手法である。なんにでも二度目はある。アルデンヌ攻勢なのである。結果はどうあれ、成功神話にすがることを悪いことだとは思わない。

こうして体重の補正を粛々と行っているわけだが、ひとつ直したくても直せなかったものがある。内股である。なぜこうなったのだろう。小さい頃から内股だった私は何度もチャレンジしていた。できるだけ意識して外股で歩いたりする。ストレッチ的な感じで関節を外側へ向けたりする。全く効果がない。こうして私は今でも内股のまま暮らしている。母も極度の内股なのであるが、なにか内股の血筋のようなものがあるのだろうか。そして内股であることをどこか恥と思いながらも、『内股かわいいね~』などと女から言われると照れてしまう。いい歳こいたちんちくりんのおっさんが照れる。こいつはバカなのではないか。そんなことを考えている時、二枚の写真を見つけた。まず一枚目である。


f0349751_02350548.jpg



あれ、外股じゃない?ていうか、めっちゃかわいくない?かつての私(推定2歳)は、色白でおでこの後退もない、外股の男であった。もう一枚は、それから数年後の写真である。


f0349751_02352781.jpg


あれ、内股じゃない?ていうか、めっちゃ色黒くなってない?ちなみにこの頃はまだ母もイケイケである。一枚目の写真から数年の間にいったい何があったのかは定かではないが、何かが内股にさせたとしか言いようのない比較画像である。内股になる呪いをかけられた恐れがある。しかしながら、この内股具合から2015年現在の内股具合を比較するとかなり改善されていることに安堵したこともまた事実である。日々、改善出来ている。とても安心できる事実だ。しかしまた、ただ一つ、子供らしいあどけなさを失ってしまったことにも気付く。気付きの多い写真である。訳が分かると言うのはいいことだ。撮影から20年以上経たこの写真をじっくり見ながら、『発展しつづけることが向上・上昇・強化であるとは、必ずしも断言できない。』と言うニーチェの言葉を噛み締めている。




by ahoi1999 | 2015-05-24 02:32 | 生活 | Comments(0)

うつりゆく言葉

言葉の変遷と言うのは面白いもので、現代新人類が使用する新語・流行語の類が話題になることも多い。もちろん我が家の中でも言葉の変遷というものがある。今日は、モラル意識が非常に低い我が家でポピュラーな言葉である「ホームレス」の変遷についてお話したい。私の実家は、昔でいう関所からやや離れた場所に位置している。旧東海道である。生前、曾祖母はその関所近辺の土地柄について散々にこきおろしつつ、『あっこらはナァ~雲助が出よるんや。そやさけナァ、ややこしいんや~』と言っていた。雲助、である。wikipediaには、『江戸時代に、宿場や街道において荷物運搬や川渡し、駕篭かきに携わった人足のこと』とある。関所があるのだから雲助、当然おるやないか!という話なのだが、曾祖母は全く違うニュアンスで使用していた。wikipediaをさらに引くと、こうある。『雲助という言語の由来は定かではないが、一説によると、人足たちが定住せずに「雲」のように周辺をさまようからだとも言われている。』つまり、住所不定日雇い労働者といった意味である。曾祖母の言う雲助は、現代の我が家で言う「ホームレス」に近いニュアンスで使用されていた。今のところ、当家におけるホームレス近似の言葉はさかのぼれる範囲でこれが初出である。


では、曾祖母(1900年代後半生)の子供たちはどうか。大伯母のテルコ(1920年代初期生)は、直球である。『わてらの小学校にはな、お乞食さんの子が居やってん。お乞食さん居はったねんて!お乞食さん。』お乞食さんである。「お」と「さん」には一定の敬意があるのか、一種の線引きなのかは分からないが、テルコは必ず「お乞食さん」と言う。食を乞うのである。テルコは今も存命なので、現役の「お乞食さん」話者である。貴重なサンプルです。テルコの話は以前ちらっと書きましたが(ヘタレな祖父が夢の中でだけ憎きテルコを投擲した件)、この人は話題が豊富なので別の機会に書こうと思う。さて、そのテルコの弟である私の祖父(1920年代末生)は「ルンペン」と言っていた。『公園にルンペンがおるさけ、ややこしい。』と朝の散歩コースを変更していたことが思い出される。祖父は、とにかくルンペンである。昭和初期の生まれである祖父の時代背景を考えると、ルンペンという言葉がすっと出てくることには納得だ。なお、母(1960年代中盤生)と私(1980年代中盤生)はTPOに合わせて「雲助」「お乞食」「ルンペン」を使い分けている。フォーマルな場では「ホームレス」「浮浪者」も使う。いや、そもそもフォーマルな場ではこういう言葉が出ないのが普通だが、一筋縄ではいかないのが我が家のインモラルぶりを露呈している。


話は全く変わるのだが、インモラルで思い出した。会社の事務員さんがエロいという話を聞いた。マーケティング部なかよし学級の私は、すぐさま先輩と連れ立って階段を駆け下りた。他部署にも関わらずそのご尊顔見るためだけに。そして、ドアの隙間から垣間見たその事務員さんは、高身長で巨乳、そして色白で若干のしゃくれ具合がエロさを物語っていた。まさに全身性器である。そのさまを目の当たりにした先輩は、『まさにSSS級E-BODYやな…』と呟いた。私はすかさず、『インモラルドスケベ女ですね…』と応じた。E-BODYご本人には全く申し開きの出来ない言い草だが、なかよし学級に免じて許してもらいたい。なお先輩は目下、食事に誘うため全力で職権濫用していると聞く。


最近、職場のトイレ(大)を綺麗に使えないダメな大人が多い。便座に陰毛が転がっていたり、便器内にウンコがへばりついているなど、全く正気の沙汰ではない状況を目の当たりにすることが多く、私はとても立腹している。下の世話も一人で出来ないやつは大人ではない。だいいち、インモラルである。便所は自己表現の場でもなければ腸内事情を具現化して披露する場所でもない。便所を綺麗に使えないやつは、きっと飲み屋でも飲み方が汚い客リストに入れられているはずである。便所も酒も、綺麗にさくっとできないやつは大人ではない。『人様のご迷惑にだけはならんようにしなさい』と曾祖母も言っていた。




by ahoi1999 | 2015-05-10 02:58 | 家族 | Comments(0)

カテゴリ

全体
家族
通勤
生活
思い出
妄想劇
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 05月
2018年 12月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

手汗がひどいので手の甲だ..
by ahoi1999 at 17:59
たしかに。語感大事です。..
by ゆ at 19:35
その通りです。ご名答です..
by ahoi1999 at 15:22
あほいさんの由来はクラム..
by ゆ at 19:49
それはどうも、ありがとう..
by ahoi1999 at 02:27
あなたにあこがれてブログ..
by ゆ at 00:25
なるほど? 読み物とし..
by よ at 10:08
ありがとうございます。社..
by ahoi1999 at 21:17
なんかもう、なんかすてき..
by よ at 23:00

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

コミュニケーションのこと
at 2019-07-27 01:02
息子の遠足
at 2019-05-28 01:44
春はすぐに終わる
at 2019-05-21 00:45
足首出す子とアイ・コス美
at 2018-12-22 23:37
息子とテルコ
at 2018-04-11 01:12

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
家族生活

画像一覧