今年の夏のこと

サラリーマン人生でおそらく今後絶対ないと断言できるほどの長期休暇を取っている。昼下がり、朝いちばんに嫁が干してくれた洗濯物を取り込むためにベランダを行く。わりと静かな通りの向かいにあるローソンストア100の前で、縁石に腰掛けながらスーパードライを飲んでる無職風のおっさん2人が見える。既にろれつが回っていなく、言語不明瞭すぎてその会話の内容がさっぱり分からない。ただ時折互いの顔を見合わせて、『ダッハッハッハ!』と笑うので、たぶんお互いでのみ会話は成り立ってるんだろう。夏の日差しがすこぶる強いので、早々用事を済ませて部屋に戻る。そういう日々が過ぎて、いま7日経った。


休暇の理由は一応新婚旅行と言うことになっている。けれども、それは昨年あるべきもので、つまり仕事が忙しくて取れていなかった休暇をいま取っている。あとこれは主な理由ではないのだけれど、ストレスが凄すぎて帯状疱疹という病気にかかって、思い切って休もうかと思ったことも理由のひとつだ。7月の始めの土曜日、首筋から肩にかけて得体のしれない虫に刺されたような感覚を覚えて、家の姿見で確認してみたら、違和感のある場所がボッコボコに腫れ上がっていて卒倒しそうになった。慌てて近所の皮膚科を探した。2~3年前、色んな人とめちゃくちゃデート行ってた時くらいグーグルを駆使して検索した。ホームページのある病院に片っ端からアクセスするようにした。ぼくはこういう時、新しくかかる医者のプロフィールをしっかり確認するようにしている。結局、卒業した大学ではなく「灘高校卒」を推しまくってる、ひ弱なメガネが院長をしている町医者にかかることにした(院長紹介の本人画像が東京上野クリニックみたいなタートルネックだったこともポイントが高かった。やっぱりホーケイなんだろうか)。


院長は、おそらく人の目を見て話すことが苦手なタイプなんだろう。ぼくの口元を見て問診してくる。人の目を見て話すことが出来ない人は口元を見ろ、みたいな指南書を読んだことがある。『あ~~。え~~とこれは帯状疱疹ね。原因はストレスね』と言う。ぼくはこの時、刺すような痛みと灼熱感に襲われていたのだが、さすが灘高校卒となると苦しむ患者を目の前にしても冷静である。『この病気にはね、この薬が効くんです。これね。飲み方も書いておくから。これがいちばん重要な薬ですからね』などとひ弱メガネは念押しして言い、ひとつの紙片を手渡してきた。

f0349751_02242828.jpg
何ひとつとして分からないことをお分かり頂けただろうか。結局この病院では5種類の薬を処方され、1日3回を1週間ほど飲み続けたのだが、灘高校卒のひ弱メガネがこの紙片で何を伝えたかったのか、ぼくはいまだに分からない。ただ、彼の言うとおりに薬を飲み続けると、症状は治まり、現在では何の支障もなくなっている。『結構な人が後遺症が出ますからね、おかしいと思ったら来てください』とぼくの口元に語り掛ける彼は、実のところ名医だったのかもしれない。



昨日の夜、嫁が『またカツヤからライン来てる』と言った。カツヤはすごい奴で、我が家のアイドル的ポジションを獲得している。2年前、大阪の布施で自転車に乗っている嫁を自転車で追いかけてナンパしてきた奴だ。その時自称31歳だったから、いま33歳ということになる。あまりにもしつこく、またちょっとオモロイなと思った嫁はライン交換した。以来、完全既読スルーをしている嫁に対して3週間に一度のペースで『こんばんは』『どうしてる?』などとラインを送ってくるのだ。ざっと計算しても34回以上は既読スルーされていることになる。カツヤはすごい。頭がおかしい。大体にして、自転車に乗ってる女を自転車に乗ってナンパするのも斬新である。もっと言えば、嫁はピアスを両耳20個くらい開けていて、まさに「人間知恵の輪」みたいな耳になっている狂人であるわけだし、見た目100%のナンパでもってどうこうする女ではないのである。夫のぼくが言うんだから間違いないでしょう。とにかく頭がおかしいカツヤからのラインを、われわれ夫婦は待望しているのである。決してブロックはしない。ブロックするときは、われわれが離縁する時だと互いに決めている。そして、ブロックされたら相手に関わらずなんとなく寂しい気持ちになることも、われわれ夫婦は知っている。


嫁はカツヤに限らず変な奴を引き寄せる性質の持ち主らしい。先日は明らかに挙動のおかしい老婆に声をかけられた。近所のスーパーまで買い物に行った帰り、ぼくはベビーカーを押し、嫁はキャベツやネギを入れた袋を持っていた。家路を急いでいると、生活道路のちいさな四つ角に立つ電信柱に寄り添って、腰の曲がった老婆がたたずんでいた。その目はジットリとしていて、一見、常人ではないオーラをまとっていることは確かであった。ぼくはベビーカーのハンドルをぐっと握る。何か起きては大変だ、あいつはきっとキチガイに違いない。目を決して合わさぬよう、通り過ぎる。その瞬間だった。『おねえちゃん、野菜いらんか。』嫁が声を掛けられてしまった。ぼくではなくて、嫁だ。『おい行くぞ!』と声をかけたが、ずんずん老婆の方へ歩み寄っていく。ダメだ、何でこういう時に夫の言うことを聞けないんだ。普段は聞かなくていいからこういう時だけは素直に聞いてくれ。『これナ、うちの庭でナ、取れてん』と言い、老婆は「業務スーパー」と書かれたビニール袋から、完全な雑草を取り出した。ビニール袋に一掴みの、完全な雑草。いよいよ勘の鈍い嫁も口を開く。『はあ。貰っていいんですかこれ。』お前それ貰うんかい。完全な雑草やぞ。どないすんねん。夫には物を捨てろ捨てろと言うのに嫁のお前はババアの雑草持って帰るんかい。瞬時に心の中で突っ込んだものの、声に出すことは出来ず、ぼくはただただ息子が眠るベビーカーのハンドルをグッと握っていた。その時だった。老婆が口をもごもごさせたと思いきや、今日いちばんの大声で『おねえちゃんお金はろうて!50円でもええワ!ナァ~~!!!!』と叫んだ。業務スーパーの袋に入れられた完全な雑草は50円~であることに衝撃を受けた。思わず嫁の顔をみると、みるみる顔がこわばってくるのが分かった。『は?これお金とんの?ほないらんわ』そう言って嫁は、てくてく歩きだした。ぼくも一刻も早く立ち去りたかったので、合わせて歩き出した。背中から老婆の『50円でもあかんか~~!!!?おねえちゃん!!!!??』という絶叫が聞こえた。嫁は『あんなババアに関わってるヒマないわ』と冷たく言い放った。ぼくは完全に頭が混乱して、その日は早く寝た。


この土日が終われば、長い休暇も終わる(いまは便利なもので、家にいても職場と変わらないくらい仕事ができてしまうから、あまり休んだ気になっていないのだけど)。2017年春から夏にかけて、自分の中で今まで以上に「生活」のウエイトが大きくなった。つまりこの休暇は「生活」を満喫した。家事と育児は生活そのものだ。生活はレジャーではないから、満喫もくそも無いのだけれど。


日々ほぼ100%生活、という環境の中に自分を置いてみると、例えば喜怒哀楽の前提がかなり違ってくる。だから、価値観が違ってくる。以前ぼくは、いわゆる家庭生活に浸りすぎると「感性が摩耗する」と言ったことがあるのだけど、それは自分が「自分のために自分をどうしていくか」という前提があったから。今は「家族のために自分をどうしていくか」ということに変わって来たし、あたらしい家族とか子の親とかいう目の前の役割があって、またそれは不可抗力的に作用してくるものでもあるわけだから、自ずと価値観も変わらざるを得ない。大学で勉強している間は「ライフステージ」と言われてもあまりピンと来なかったし、自分には遠いものだなと思っていたけれど、もうこんなところまで来ちゃった。30歳男の夏はこんな風にして過ぎていくみたいです。




[PR]
by ahoi1999 | 2017-08-05 04:03 | 生活 | Comments(0)


内務省御検定済


by ahoi1999

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家族
通勤
生活
思い出
妄想劇
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

手汗がひどいので手の甲だ..
by ahoi1999 at 17:59
たしかに。語感大事です。..
by ゆ at 19:35
その通りです。ご名答です..
by ahoi1999 at 15:22
あほいさんの由来はクラム..
by ゆ at 19:49
それはどうも、ありがとう..
by ahoi1999 at 02:27
あなたにあこがれてブログ..
by ゆ at 00:25
なるほど? 読み物とし..
by よ at 10:08
ありがとうございます。社..
by ahoi1999 at 21:17
なんかもう、なんかすてき..
by よ at 23:00

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

息子とテルコ
at 2018-04-11 01:12
思い出をしがむということ(C..
at 2018-01-24 01:13
2017年の音楽(に、まつわ..
at 2018-01-05 00:47
年の瀬のこと
at 2017-12-27 01:30
今年の夏のこと
at 2017-08-05 04:03

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
家族生活

画像一覧