2016年の音楽(に、まつわるエピソード)



ぱいなっぷるくらぶ ― finderrr


20代最後の歳だったから?状況がそうしたから?つくりすぎのセリフでアンビバレンスを感じるのは冬だったからなのかもしれない。理想的にゆれるのは心だけでいいと思うし、あの時のことは今となってはよく分からないけど、分からないなりに思い返すと、記憶は案外鮮やかに残っていたりする。いずれにせよ感情の切れ味はすごくて、ペーパーナイフのつもりで遊んでいたらいつの間にか斧になっていたりするから要注意だ。ぼくは『過去は振り返らない』と心から言い切ってしまう人には一生なれない。そんなマッチョでスパルタンな精神を持ち合わせていたなら、こうして何かを書くこともしないのだし、そもそも思い出をどういうものにするのかなんて、未来の心持ちしだいでしょ。現に、すげえ情けない内容だなと思ってたこの曲も、今はわりと心地良い感傷があっていいなと思う。




Ozone ― Gigolette


年上の女性と少しの間デートしていた。誘われるがまま、全くの興味本位で。その人は33歳だった。の割には、おおよそ洗練されていないタイプの人格で、少なくともぼくとは合わなさそうな人だった。いわゆる不思議系とか、良く言えば天然ボケとか、そういうカテゴリーに属する人だった。さらに加えて、「何のきっかけもなしにどんどん熱量を上げていく人種」でもあったことが致命的だった。それに気づいてからはいよいよ本当に人が合わないなと思った。この後期アラサー女の、直近までやっていたドロドロ不倫の話、芸大を出て夢だったテキスタイルデザイナーをしていたのに男でこじれて会社を辞めた過去、決してしゃくれてはいないが少し尖ったアゴ、自称上野樹里似の天パみそじ女、職場の同僚に誘われた32歳のハロウィンでナースのコスプレをしていたらザイル系男にナンパされ人生初のクラブへ行ったこと、それら全ての話を、ぼくは淡々と聞いていた。これだけ見事に、全てのエピソードに、自分の主導権が存在しない人もいるのだな感心した。結局いい歳こいて男の転がし方も知らないジゴレットじゃないかと思った。『やっぱりデンギンのっ、ヒィッ、バァルヒトトォワァ、げっごん、で、で、で、でぎない゛ぃぃ゛のォ~~!!!(やっぱり転勤のある人とは結婚できないの)』まがい物の上野樹里が泣きながら電話して来たのは、それから少し後のことだった。いきなりのことに絶句した。たった一ヶ月の間で、彼女はぼくとの結婚を真剣に考えていたらしい。というより、彼女の中でぼくたちは、結婚を前提に付き合っているらしかった。頭の病気なのではないか。統合が失調してしまったのなら、即座に黄色い救急車を呼ぶべきだ。そう思った瞬間、あ、この人はちゃんと自分で自分のことを決められるんだな、と妙に安心したのも事実なんだけれど。




OGRE YOU ASSHOLE ― ピンホール


ぼくは他人の話を真正面から聞き過ぎるし、あなたは真反対から物事を見過ぎだ。けれども、その間を取ることは到底出来るものではないのだし、ぼくは聞いた話をそのまんま額面どおり覚えていて、いつかそんなことを言われたなと時たま思い出して用意をしておくくらいのことはする、瞬間、あなたはその逆を常に行っていて、交わることは最後までないのだとも想像する。考え方を少し変えれば、正面とその反対にいるものは同じ感覚を持っているとも言えるし、たまたま最初のポジションが逆だったというだけで、本質的なものの見方は同じだと言える。ぼくらは平行でないのであって、相対しているだけだという、そういう構造の中にいるということだ。



Herbie Hancock ― I Thought It Was You


何回催促しても我が家から全く退出する意思のない女教師に『もう泊まってったら。風呂は勝手に入っていいし、タオルこれ。あと着替えここ置いとくわ。』と言って先に寝ていた。『なぁなぁ寝てんの?』『なぁなぁ』『も~~~』と言ってるのは薄っすら聞こえていて、体を強く揺すられて起きたら、目の前に全裸の女教師がいた。次の瞬間には入っていた。否、入れられていた。ちんぽが膣に押し込まれたのだ。セックスだ。まどろみセックスというやつだ。なんなんだこの女。クソほどエロいじゃないか。もっと早く言ってくれ。つけたのか?いやそんなことはない、絶対なんにもついてない。生だ。世の中の大体の女には『先っぽだけ!お願い!』とかいう、情けないお願いをしなければならないのに、オートメーションで生だ。なんてこった。先生これはいけない。『えっ、ちょっ、これ』と思わず口に出したら、『私の勝手やん』と言う。おいおい。インモラル女教師っていうタイトルで一本撮れるじゃないかお前。がぜん燃えるじゃないか。やってやろうじゃないか。私の哲学はね、触らせていただく、舐めさせていただく、入れさせていただく、これなんです。セックスとは三つのさせていただく精神。これが私です。させていただいておるんだけども、改めて今からさせていただきます。あらためまして、はじめまして、ちんぽです。そういう気持ちである。そういう気持ちで夜が白む頃までさせていただいたわけです。はっきり言ってレイプです。私、たいへんに満足でした。ありがとうございました。以上が、黒く長い乳首を持つ先生に、犯されたいきさつです。




太平洋不知火楽団 ― サテライトからずっと


季節の高揚感に反比例するみたいに感情が死んで鬼仕事マシーンだった初夏のころ、頭がぶっ壊れそうになっていた。深夜、誰もいなくなった事務所でひとりビールを飲みながら仕事をしていた。マーケターであり、プロダクトプランナーであり、営業セクションのフォローと言う名のもとに半分セールスまでやっているのだから、当然数字を意識しなければならない。決算期までまだまだ時間はあるのだけれど、それはあくまでカレンダー的な概念であって、数字作りのための商品開発を行うには5月がスケジュールのリミットだった。数字いじりばかりしているのんきな連中は楽観的な予測ばかりを並べ立てて、今期は事業計画通りの着地であるという。そんなはずはない、と思った。現場にいれば分かる。危ない匂いがする。『仕事の効率を考えろ』などと言いながら早々と帰っていくおっさんたちの背中を見送りながら、ああもうとことんやってやろうと思った。とたんに酒量が増えた。タバコも増えた。頭はかなり冴えた。口の利き方と態度は非常に悪くなった。深夜2時、事務所のセコムをセットして退勤、コンビニでストロングゼロを買って飲みながら帰る。イヤホンからは爆音で太平洋不知火楽団が聴こえる。途中、自販機のゴミ箱に空になった缶を押し込んで歩く。自宅マンションのエレベーター、3F降りて左。ドアを開ければ即寝。そんなことが梅雨くらいまで続いた。ところで、当社の決算は終わったんだけど、やっぱり事業計画は未達に終わりました。今年のぼくには、去年と同じことはもう出来ないし、おっさんたちのことを内心『ばーか』と思っています。




Toro Y Moi ― Never Matter


クソ暑い夏の日に、涼しくなれそうな気がして、この曲ばかり聴いていた。




Talking Heads ― This Must Be The Place (Naive Melody)


実際のところ人生は向こうからやってくる。正確に言えば、人生のカタチは勝手に決まる。自らの力で積み重ねた先に決定的なものを掴み取ることが人生の醍醐味だと思っていて、またそれが人生そのものだと思っている人には残念極まりない事実だ。何かが起こることを察知したその瞬間、肩から腰にかけ大きく体をのけぞらせて様々なアクシデントを回避してきたぼくにも、回避できないことがある。たまには何かが直撃することだってある。隕石とか、彗星みたいなものである。いくつもの「不自然」が偶々重なり合って「自然」ができているのか、作為や不作為の連続が未来予測を不可能にしたのか、今となってはよく分からない。そもそもぼくらはブリには大根、納豆にはネギ、みたいな感じではなかった。なかったのだけれど、なんとなく、日々は過ぎていく。何事もなく。例えば二人とも栗ごはんがあまり好きではないのだけれど、おれは栗ごはんの塩加減最高なごはんが好きであの人は栗ごはんの蒸された栗が好きで、そういう理由であまり好きではない栗ごはんを囲うことだってある。なにも、栗ごはんそのものの好き嫌いにこだわる必要はないってことだ。とにかく、そういうことで、毎日を過ごしている。

[PR]
# by ahoi1999 | 2017-01-25 01:29 | 思い出 | Comments(0)

希少なものについて

初詣に出掛けて、詣でずに帰った。500人もいようかという参道の人の波が、ターンパイク状に整列配置されているのを見てウッとなり、いそいそと帰路についたのである。せっかく淀川を越えて大阪中心部まで出てきたというのに、巨大ネックレスジャージスキンヘッド夫と厳寒ミニスカババア妻、そしてそこらじゅう走り回る金髪のガキという組み合わせの珍家族が初詣に出掛ける後ろ姿を見送って終わりである。この家族は登場感がすごかった。げんなりとした気持ちの道中、なんとなく路面に突き出た看板へ目をやると、「和牛希少部位専門店」と記されてあった。「和牛希少部位専門店」である。いったい、和牛の希少部位とは、どんなものなのだろうか。能書きには、「グルメな方 和牛肉の旨さを味わえます!! 希少部位全て」とある。牛の、希少な部位。例えば、フィレ肉。あるいはその希少なフィレ肉のさらに希少な部位とされる、シャトーブリアン。そういうことなのだろうか。そういうことであれば、和牛でなくても良いのではないか。和牛を推したいのか、希少部位を推したいのか、そのどちらもなのか、いやきっと店主に聞けば「どっちも推しです」と言うのだろうが、結局のところ、ただの牛ではない和牛、その希少部位専門店、つまり希少に希少を重ねた希少の極北にいる肉を食わせてくれる、そういうことなのだろうか。



もやもやした気持ちで地下鉄に乗る。最寄り駅近くのスーパーに寄る。肉売場の前を通り過ぎようとすると、大きなPOPが目に飛び込んできた。そこには、「脂身が少なく、ヘルシー。希少部位ランプ。」とあった。希少なランプ肉。つまり牛畜生のケツ肉である。ランプ肉にはミディアムでもナイフを入れにくい固くて安い肉というバッドイメージしかない。だいたいが、牛畜生のケツ肉なのである。そんなものがうまいはずないじゃないか。高校生の時から大学卒業までステーキハウスでバイトしていたぼくが言うのだから間違いない。ありがたがって、なにが希少部位だ。噴飯ものである。バイト先の店がハンキングテンダーをステーキ状に大きくカットして「ハラミステーキ」と称して売り出した時以来の衝撃(ミートショック)だ。ハラミっていうかサガリだし、横隔膜近辺の肉は何より臭い。そして仕入れ値が安い。これも希少部位云々と銘打っていたような記憶がある。



肉屋やスーパーが言う希少部位とは、本当に、「少なく希な部位」の字義そのままなのである。肩ロースとバラ肉以外はすべて希少部位と言えてしまうことになる。ここには、「まれでありがたいことがたくさんある」状態が至高とされる、奇妙な価値観が存在している。普通に考えて、まれなものというのは、そんなに多くあるはずがない。まれなものがたくさんあれば、それは日常になってしまう。それなのに、「まれでありがたいことがたくさんある」が至高とされる世界を多くの人が望んでいる。誰にでも、大切にしている素敵な思い出とか、出来事とか、出会いとか、そういうものがあると思うけど、毎日毎日あるわけじゃない。相反することを求めるあまり、価値観が歪んで噴き出したその一端が、「肉の部位のうち、ほとんど全部が希少部位に当たってしまうんじゃないか問題」だったという訳なのだろうか。



しかしこんなのはもはや、ないものねだりの具現化じゃないか。こんなこと、してはいけない。ないものねだりを具現化した人の末路はみんな悲惨だからだ。キラのカードばっかり持ってる金満の子。ウェルチが無限に出てくる家の肥満児。呼べばすぐ来る女。ワリカンしたのに「全額記載の領収証くれ」という脱税自営業者。ないものをねだったが最後、全員不幸になっとるやないか。キラのカードばっかり持ってる奴は20年後すっかり根気強さが無くなってしもうてニートや。ウェルチ無制限の肥満児は高校中退してコンビニの深夜バイトや。当然童貞や。呼べばすぐ来る女。お前は色々とありがとうございました。ぜんぶ経費にしてた自営業者は追徴課税受けとったわ。全員アホばっかりやんけ。見てみい。



「世の中にほんの少ししか存在しないものを、両手からこぼれてもなお欲しがる人間の浅ましさ」みたいなのって、人間の本質的な業だと思う。みんなこの先きっとなんにも変わらないまま、気付かないまま、ないものねだりを繰り返して行くのかもしれない。ぼくは30歳を迎えていよいよ頭髪の薄さに気を取られてきたのだが、ヅラをかぶろうとは決して思わない。ヅラは、ないものねだりの具現化の最たるものであるし、姉歯一級建築士の例をみるまでもなく、その末路はとても悲しい。「なんらかの救いを与えうるものがあるとすれば、それはとらわれぬことと気を使わないことだけであろう。」とヒュームも言っている。




[PR]
# by ahoi1999 | 2017-01-05 02:22 | 生活 | Comments(0)

幸せという概念について

世の中のありふれた「女の幸せ」論とか、「家族のある幸せ」論というものはパッケージ化された見本市のようなもので、ぼくはその言説を全く信用していないし、おそらくみんなも何がしかの違和感を持っているに違いないと思う。むしろ、そういう「幸せ論」はある意味ラベリングであって、結局は「こうあるべきだ論」に終始するだけのどうしようもなく押し付けがましいものだし、とても傍迷惑だ。人の数だけ考え方や捉え方はあるわけで、人の数だけ幸せの形があってかまわない。



フェイスブックの通知がえらいことになっていたので、久しぶりに開いてみた。何十もの通知の中から、はるか昔、まんこが臭すぎて別れた女が結婚したことを知った。「まんこが臭すぎて別れた女」である。我ながらひどい話である。あれは高1の時だった。友達が家に遊びに来ると言って、いいよと言ったら、ややぽっちゃりではあるものの可愛らしい女が友達の後ろから引っ付いて来た。名前を、さやか、と言った。コタツに入りながら他愛もない話をして、翌朝ふたりは帰って行った。その日の夜、ぼくのガラケーに「わたし傘忘れてないですか?」とメールが来た。スカイメールである。ボーダフォンユーザーの我々は、昨晩連絡先交換をしたのであった。「玄関に見慣れない傘がありますね」そんなやりとりをした。



翌週、さやかはひとりで家に来た。そして、セックスした。「忘れた傘を取りに来てセックスをする」という、訳の分からなさが、ザ・青春という感じなのだが、問題はそこではない。まんこが臭すぎたのだ。そもそもまんこは臭いという概念(あるいはラベリング)がある中でも、特別臭かった。この世のものとは思えないくらいだった。そこを押してセックスしたのだ。まんこが臭くても10代の性欲は勝つ。これぞザ・青春という感じがする。そしてさやかとぼくは、「忘れた傘を取りに来てセックスをして付き合った」。不可解である。よど号事件的な、超法規的措置である。性欲はマン臭よりも強い。福田赳夫ばりに言ってのけた。しかしながら、10代の恋愛のほとんどがそうであるように、結果長くは続かなかった。ぼくは生粋のクンニボーイとして、現在まで性的活動に従事してきたわけなのだが、果たしてこのまんこ、どのようにクンニすればよいのか途方に暮れる有り様で、そもそもクンニとは?クンニリングスって何や?名前おかしいやろ、そもそもまんこもおかしいやろ名前、ちんこも何やねん、どういう名づけの発想やねん等と不要不急の自問自答を繰り返すようになり、徐々にクンニ精神を蝕まれていくことを自覚、遂に別れを決意したのであった。当然ながら、まんこが臭いと直球で言えるはずもなく、当たり障りのない理由で別れた。さやかは泣いた。号泣していた。ますます、まんこが臭いから無理、という理由を告げられなくなった。かくして、「忘れた傘を取りに来てセックスをして付き合った女のまんこが臭かったので別れた」という、本当にどうしようもない2002年冬のエピソードが完成した。あれから14年。幸せオーラ全開のさやかは、ぼくとは全く違った概念の幸せを獲得したのかもしれない。



そもそも、ぼくは幸せという感覚がいまいちよく分からない。正確に言うと、「幸せという意味の言葉」と「幸せという感覚」が一致したことは今までにない。例えば甘いパフェが好きだけど、ひとくち食べた瞬間「シアワセ~~」みたいな感想は一切出てこない。『甘くて美味しい』それだけである。もうすでに感じているのか、それともこれから感じるのか、それすらも分からない。あまり意識していないだけなのかもしれない。けれども、ぼくは、今までもこれからも、なんとなくイイ感じで続いていく気がしている。幸せかどうかは分からないけど、なんとなくイイ感じ、だとは思っている。



感覚には統一された度量衡がない。ものさしが無いのだから、実際に味わっている感覚とそれを表す言葉の意味とに誤差が出るのは、考えてみれば当然だ。つまり、ひと様の感覚に対してどうこう言うことは、あまり意味のないことだとも言える。それでも「幸せ論」的に、感覚について言葉を尽くそうとするのだから、人間というものは滑稽だ。我々人間は互いに言葉を通い合わせて意思疎通を図らないといけないのだけれど、感覚はしかし、同じものさしで共有できないから、社会的に通用するひとつの指標を創り上げ、無理矢理ものさしを統一させようとする。考え方や感じ方、その全てについて人間は社会化されなければならないし、社会化され得る人間が必要だということは明白だけれども、ぼくのような落ちこぼれもたくさんいる。



結局、気の合う者同士がいちばん楽だ。何なのかよく分からないまま話したり遊んだりつるんだりする、その理由を言葉で表すことは難しい。つまりそういうことだ。本当に息をのむほどの衝撃を受けた音楽や本、映画について、ぼくたちは十分に語り得るだろうか?ほとんど感覚的だし、言語化できないし、共有できない。言葉を尽くせば尽くすほど、逆に嘘っぽく、薄っぺらく、中身のないものに感じてしまう。彼氏のいいところを自慢しまくる女の迎える末路が、ハッピーエンドだった試しがない。当たり前のことをさも「やりました」とドヤ顔で言っている奴が、良い奴だった試しがない。大声で幸せだ~~!と叫んだ奴は、たいてい宗教やってるかマルチ商法にハマっていた。結局ぼくらは内心「イイ感じ」と思えていたら、それがいちばんの幸せなのかもしれない。




[PR]
# by ahoi1999 | 2016-11-23 02:47 | 生活 | Comments(0)

例えば3人家族がいて

旦那と嫁、そしてまだ乳飲み子の長男がいる3人家族がいたとして、その嫁は長い黒乳首を持つかたわら、その昔数々の男たちと色々な変形プレイをして(ある時は言われて、ある時は自ら欲して)きたし、旦那と付き合ってからはと言うと、現在までそのしつこいくらいの前戯から発展的に分岐した特殊性癖にも出来うる限り応えて(ある時は言われて、ある時は自ら欲して)きたわけなんだけど、その生涯においてその黒長乳首を一等いじったり吸ったりしてきた「男」はこの乳飲み子だということを彼女はまだ知らない。当然に意識もしていなくて(むしろそんな想像をすることすら許されないのが母子関係だろう)、けれどもその「その黒長乳首を一等いじったり吸ったりしてきた」という厳然たる事実はこの乳飲み子を無類のおっぱい好きとして育てていくには必要十分であるし、世の中の男たちが「おっぱい、おっぱい」とうわごとのように申し、果ては「おっパブ」なる性風俗店をも利用してしまう運命に導いていくことはわざわざ史的唯物論に拠らなくとも明らかだ。そもそも「おっパブ」の存在自体が逆説的に"それ"を証明してしまっている。つまり、男のおっぱい好きはおっぱいがなくては生きられなかった乳児期の記憶の追体験であり、いい年こいた40過ぎのオッサンから今時のシュッとした若者までが、エレベーターの中や、発車のベルが鳴る電車へ駆け込む瞬間、高ストレスを感じる仕事中などの状況下で「おっぱい、おっぱい」とうわごとのように申すのは、話し言葉と会話が成立する前の、「おはようございます」以前の、人格が社会化されるずっと前の、乳児のひとつのコミュニケーションなのだということは明白であるし、街の歓楽街で酒に酔った挙句5~6人連れだって「おっパブ」へ行った時の高揚感は、ふだん感じるより、もっと本能的で脳幹的なエクスタシーなのかも知れない。



[PR]
# by ahoi1999 | 2016-11-16 00:32 | 妄想劇 | Comments(0)

ただまんの概念について

会社の先輩(33歳既婚)が「パチンコで勝った金で行く風俗のこと」をさして、「ただまん」と言っていた。「ただまん」である。ぼくは違う、それは決して「ただまん」じゃないと思った。何故なら金を払っているからだ。たとえパチンコで勝った金、つまりギャンブルの果てに得た泡銭であったとて、店で金を払えばそれはもう決して「ただまん」ではないのである。金を払ってセックスしたらもう、それは「ただまん」なんかじゃない。ぼくは言った。『それただまんちゃいますよ。金払ってますやん』すると先輩は、『アホ、元手が5,000円で30,000円勝ったらその差額は天から降ってきたようなもんやろ』『おばあちゃんち行ったら何故か貰った小遣いみたいなもんやろ』と言った。なるほど、と思った。ぼくは試しに、全く関係のない第三者にこの話を聞いてもらい、解釈の是非を問うた。するとその人は『トータルで負けてるギャンブルなら「ただまん」とは言えんな』とぼくに語った。むしろその解釈は訳が分からない、そんな複雑な見方もあるのか?と思った。



これは、「概念の違い」とでも評せられようか。つまり物事を理解する上での文化が違うのである。この違いはわれわれが想像する以上の隔たりがあると考えてよいだろう。例えばあなたは、深夜のドン・キホーテで見ることのできる/デコレーション軽自動車に乗った/金髪プリンで/オラオラセットアップの/クロックスを履いた10代と思しき夫婦にすがりつく/後ろ髪を伸ばした金髪の未就学児童/のような底辺トリプルコンビセットとわざわざ親しくなりたいと思うだろうか?つまりそのくらい、概念の違いというものは、絶望的な隔たりを生む。意味不明なヤンキー家族なら、まだ目に見えるだけマシだろう。避ければいいのだから。しかしながら、概念が違うとなると、これはどうにも避けようがない。概念は目に見えない。つまり物事を理解する上での文化が違うことを認識するためには、ある程度親しくならないと分からない(「あんな人だと思わなかった」のひとことは、こういう時に使ってるんじゃないでしょうか)。



さらに深刻に掘り下げよう。例えば認識の違いや誤解は、話し合いである程度解決できる。しかし、概念の違いは、話し合いでは決して解消することはない。考え方がまるっきり違うのだから、いくら言葉を尽くそうと、理解できやしない。いや、そもそも「コロンブスの卵」のように、食べるための卵を突然つぶしてしまって『立ったね、卵』なんてドヤ顔で言い出す相手に、ぼくらは言葉を尽くす気が起きるだろうか?こいつは頭がおかしいのではないか、卵は食べ物だ、もったいないではないかと、そう思わないだろうか。



なんとなく気が合わないとかいう理由で、付き合いをやめた人がいる。当時はなんとなくだったけど、今なら確実に分かる。あの人とぼくとでは、概念が違ったんだ。何度も言葉を交わし、めしを食ったり、酒を飲んだりしていて、なんとなく気が合わないと言うのは、相手と自分では概念がまるっきり違うということなのだと思う。きっと「ただまん」の話をしたならば、冒頭のやり取りよりも、もっと酷い展開になっていただろうなと思う。男と男でこれだけ違うのだから、男と女なら、なおさらだろう。ここまで書いていて、ふと思い出した。何年か前の今頃の季節に、「ただまん」させて頂いた阪急沿線にお住いの性欲豪強女(せいよくたけしのつよめ・仮名)とは、なし崩し的にセックスして、ちょっとデートしたりだったんだけど、その後お互いなんとなく連絡を取らなくなったのは、性欲豪強男(せいよくたけしのつよお・仮名)から始まってそれ以上の関係性になり得ないなと思ったぼくの包茎チンポ根性だけではなくて、あの人の言葉を尽くしてもかすめていく感じが嫌だったというのもあったし、つまり概念の違いだったんじゃないかな。今年はみんなも、寒さと性欲に負けず、概念の最大公約数の範囲で、人間の暖かみを求めてください。




[PR]
# by ahoi1999 | 2016-11-05 01:26 | 生活 | Comments(0)


内務省御検定済


by ahoi1999

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家族
通勤
生活
思い出
妄想劇
未分類

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

手汗がひどいので手の甲だ..
by ahoi1999 at 17:59
たしかに。語感大事です。..
by ゆ at 19:35
その通りです。ご名答です..
by ahoi1999 at 15:22
あほいさんの由来はクラム..
by ゆ at 19:49
それはどうも、ありがとう..
by ahoi1999 at 02:27
あなたにあこがれてブログ..
by ゆ at 00:25
なるほど? 読み物とし..
by よ at 10:08
ありがとうございます。社..
by ahoi1999 at 21:17
なんかもう、なんかすてき..
by よ at 23:00

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

2016年の音楽(に、まつわ..
at 2017-01-25 01:29
希少なものについて
at 2017-01-05 02:22
幸せという概念について
at 2016-11-23 02:47
例えば3人家族がいて
at 2016-11-16 00:32
ただまんの概念について
at 2016-11-05 01:26

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
家族生活

画像一覧